ココ数ヶ月本当に充実していました。

モチベーションを保つ事って結構難しいですね。

◇ライフハック

最近ライフハックにはまっています
IT関係のライフハックが多いようですが
フィジカルなハックは役立ちますね。

参考
重要書類に穴を開けずにファイリングする
IE 7をちょっと便利に使う3つのアドイン
Windowsだけでできる――3つのファイル操作ワザ
煮詰まった時に効果的――“1人推敲術”
キミはブックマークレットを知っているか?
ブロガーに共通する“5つの悩み”とは?
いつも「すごい」しか言わない人へ――「類語辞典」で表現力アップ術
あやしいサイトにご用心――3つの“素性確認”サービス


◇技術がなければ伝わらない
よく「情熱があれば気持ちは必ず伝わる」
と言いますが、気持ちや考えてることって伝えるのは本当に難しいと思います。
やはりそこには伝える技術がないと、ですね。

常々ボーっとしてるだの大変そうじゃないだの言われ続けてきたので
「仕事は自己申告だ」と考えていたのですが
要は仕事をして伝わっていなかっただけでした。
もちろん口に出さず伝えることも伝える技術ですし
こうしてBLOGのような記事やメールに書くのも伝える技術
口に出して正確に伝えることも伝える技術です。

ひきつける言葉、噛み砕いた言い方、論筋
一番言いたい事を強調する、緩急
視線や姿勢、話す環境
などあげればパラメータは沢山出てきますね。
今年一年ちゃんと伝えることを意識して話をしてきました
伝わってきたでしょうか。

昔は考えてものを伝える=計算している、やらしい
などと考えて毛嫌いしていたじきもありましたが、
要は計算なしに伝える話術を癖付けちゃえばいいんですよね。

参考
http://www.popxpop.com/archives/2006/12/post_80.html
何が人を惹きつけるのか、知っとくにこしたことはないですね


◇学力と授業方法
学力と授業方法 その1
 学研の「NEW教育とコンピュータ」2007年3月号に、「能動的に学習する授業と教師のフォローが学力の高い子どもを作る!」と題したレポートが掲載されている。
 おもしろいのは、宿題と学力の関係だ。宿題の量と学力の相関関係はそれほど高くないのだが、教師が宿題をよく見るかどうか、ということと学力の相関関係は高い。教師の評価が重要であることを示している。


評価って大事ですね。手を抜かないようにしなければです。

◇著作権
日本人は「ゆがんだ著作権意識」で洗脳されている

先日研究会で知りましたが、著作権には人格権の一部が含まれるらしいです。
なので著作権論争になる場合は
その人の著作物を侵害しているのか
その人の人格権を侵害しているのか
ちゃんと論点を定めなければいけないそうです。

◇仕事
最近キャリア教育についていろいろ調べものしたり
記事を読んだりしてるのですが
イマイチ自分のキャリアデザインが曖昧なのが
残念でなりません。モラトリアムもそろそろ抜け出さないとですね

国家公務員について見てみましたが大学教授なんかも国家公務員なんですね

参考
国家公務員て何?
本省庁で働いている
先輩職員からのメッセージ

俺こういう仕事がやりたいのかな??

◇研究資料
メモ書程度に


教育課程の改善の方針,各教科等の目標,評価の観点等の変遷

参考資料(リンク集)