BLOGで紹介したいタグが増えすぎて「タブブラウザ開きすぎ!」と怒られました。

◇セレンディピティ
タイトルにもありますが、
セレンディピティ-出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』-
セレンディピティ(英語:serendipity)とは、何かを探している時に、探しているものとは別の価値あるものを見つける能力・才能を指す言葉である

発明とは何?と聞かれたときに、今まではセレンディピティがないとできないもの、というインプリンティングがあったように思います。
大人になって大事なのは工夫のための創意だと認識しなおしましたが、どうなんでしょう。
セレンディピティばかりを評価してる風潮ってないですか?

◇ライフハック
先日お伝えしたライフハックですが
マダマダ面白そうなネタがあったので参考に紹介しておきます。

ネットワーク経由で「いる/いない」を確認する5つの方法
漠然とした目的でもスポットを探せる地図サービス
Hamachiを使ってセキュアにVNC
コピペの内容を“見る”方法
オンラインカレンダーまとめ
国税庁平成18年分 確定申告書等作成コーナー

◇プロジェクトマネジメント
集団で仕事を行う際大事になってくるマネジメント
いろいろ調べてるうちに面白いサイトを見つけました。
サバよみ虫

◇ものづくり基盤技術
何でしょう、こんなのあったんですね!?
ネタなんでしょうか?情報お待ちしています
ものづくり基盤技術振興基本法
(学習の振興等)
第十六条 国は、青少年をはじめ広く国民があらゆる機会を通じてものづくり基盤技術に対する関心と理解を深めるとともに、ものづくり基盤技術に関する能力を尊重する社会的気運が醸成されるよう、小学校、中学校等における技術に関する教育の充実をはじめとする学校教育及び社会教育におけるものづくり基盤技術に関する学習の振興、ものづくり基盤技術の重要性についての啓発並びにものづくり基盤技術に関する知識の普及に必要な施策を講ずるものとする。


ちなみに条文には著作権はないそうです。

◇著作権問題
JASRAC最近叩かれてますね
[music][copyright] JASRACに「おふくろさん」を注意する権利あんの?
同一性保持権を含む「著作者人格権」については、JASRACの管理外にある。それはJASRAC自身のホームページにも書いてある。

◇教職大学院
平成20年からだそうです。
専門職大学院設置基準等の一部を改正する省令等について?「教職大学院制度」の創設について?

教員養成系は大学から院への進学者が少ないそうです。
学生の時に研究の材料として問題が明確に見えてないのも問題なんでしょうか?

説得のための適正距離と心理

最近裁判の番組を見ていて思いました。
教育するってことは相手に勉強の材料をただ与えることじゃなくて
その材料を使って説得することが大事なんだろうなぁと。
大学で何を学ぶかは人それぞれですが
指導技術と指導技術、バランスが大事ですよね。

◇生産性
ものづくりを教えるなかで生産技術の発展を教えること
って大事だと思うんですが、こんな記事がありました。

資本主義は気持ち悪い
生産性が1%向上すると、130万人の職がなくなる。過去3年間に失われた270万の職のうち、たった30万人分がアウトソースのためだ

メディアでは仕事が外国に取られていくことを大きく批難していますが
現実では生産性が上がる方が仕事を減らしていたんですね、
技術を教えるということはその裏側の部分も知らせる必要があるということです。

◇おまけ
シリアスゲームってゲームを教育にいかそう的な考え方が普及してきているようですね、
昔は知育玩具と行っておもちゃを教育に生かそうって考え方が流行っていて
実は僕昔は知育玩具作る仕事がしたかったんですよ、
小学校の卒業文集に「将来勉強できるゲームを作りたい」て書いてました。

海外で進む「ゲーム」の学術的研究と産学連携― 東京大学の産学連携教育プログラム記念講演会