昨夜は準備、今日は本番と、三重県アイデアロボットコンテスト(勝手に略して三重ロボが)行われた。

ルールや競技形式で分けられたA1,A2,B,C各部門で勝敗とロボット審査が行われた。

ロボット審査の結果は以下であった(間違っていたので修正しました)。

ロボット大賞 サンライト・ハート 港
中部電力特別賞 ヴォルゲンリッター 鈴鹿
JS特別賞 白頴    松阪中部

ロボット大賞を受けた班には、夏のロボコンで指導を担当した班のリーダーがいた。

頭の回転が速く、好奇心旺盛な子だった。

また、少々個人行動意識が強く、問題行動も起こす子であった。

イベントの中、多様な雑務に追われ、人間関係があれからどう変わったかは見て取れなかったのだが

彼はロボットを大事にしたのだろう、結果として大賞を取ることができた。

人を大切にする人が必ずしもものを大切にするとは言いがたいが、

ものを大切にする人は必ず人も大切にできるはずだ。

これから彼はさらに成長が加速するだろうし、

ものづくりを通して彼の成長をもう見れないのかと思うと少し寂しい気もする。

もちろん、それだけではない多くのドラマが垣間見れた。

夏のロボコンで指導した班のメンバーは好成績を挙げていたし、勝っても負けても大人のような成長した反応を見せてくれた。

個人的な反省としては、疲労の勢で自分から積極的に仕事をもらうような余裕がなかったことがあげられる。

これからも疲れは要注意である。