すごい長いエントリ
長文エントリは書く人も超人だが、反論する人も超人だなとよく思う。自分などは長文エントリを読んでいて、途中でいくつか変だと思うポイントがあっても読んでいる間に忘れたりどーでもよくなってしまったりするから。もしかしたら長文エントリの方が反論されにくかったりするのだろうか。


[後で読む]は読まない。長いエントリーは書くのやめよう。
自分でブログを書いてると、短くて不安になることがある。他に言いたい事や説明や例えを入れたくなって長いエントリーを書くことが良くあります。

逆に読む立場で考えてみるとブックマークした[後で読む]やfeedに流れてくる長い文章は、有益そうでも面倒で読んでいない事に気付きました。難しい言葉を使ってると特に。理解するのが面倒になるんだよな。他の人はいつ読んでいるんだろう?

という事で長い文章を書くのはヤメるよう頑張ります。画像とか多様するなら良いと思います。


長いエントリでも短いエントリでも結論が明確であるか。それを最初にちゃんと示して言わんとしていることがわかるかどうか。読むかどうかはタイトルと結論次第だと思います。起承転結の物語口調で語ると、読んで反応するか読まないか、二極化しやすいですね。
特に誰かに伝えたいことがあればこのTIPSは有効だと思います。
意識を整理したり一人ごとのように意思を表示したいだけだったりすれば別ですし、読むかどうか取捨選択をすることを前提に、選択肢を表示する記事を書くのも一つの技術ですね。

参考: