雑談

ヒーロー論への違和感だけが残る

丁寧にトラックバックとコメントありがとうございます。どうやら半分くらい同意見だった模様。話しかけてみるものですね。まとまっていない状態で意見を投げてしまい申し訳ありませんでした。

だとすればなおさら少し考えてみたいことがある。


続・私たちが社会に貢献しなければならない理由 - 院生兼務取締役の独り言
  • 社会の維持にはコストがかかるが、学生はそのコストを働き始めるまでは支払わずにいるのだから、働き始めてから、特に能力のある人は社会に還元するという意識を持たねばならない
  • 今の日本で成功した者に、社会に貢献することが当たり前という風潮がないことが問題
  • 今の格差社会はかなり危険。危機感を持って対応しないといけない
  • もし社会貢献事業をするのなら、ビジネスとしてやった方が範囲も効果も圧倒的に広がる


  • 非常にわかりやすくまとめていただいたし、返答いただいた中でも

    中小企業の社長にもっと必要なのは、対等に話せてかつ信頼できる相談相手です。中小企業では大抵社長がその会社の中で最も優秀な人材です。たとえ悩みがあってもなかなか社員には相談できませんし、もし相談したとしてもたいした答えは返ってきません。

    僕はエンジニアやコンサルタント、公認会計士といった様々な業種と提携し、日本の95%を占める中小企業に寄り添い、食い物にされるのを防ぎ、その成長を陰で支える法律事務所を作ろうと考えています。


    という使命感は本当に素晴らしい。本当に会って生で話したいと思った。

    だが、やはり、そこにあったマッチョ論に対して違和感を感じてしまったので少し語ってみたい。 続きを読む

    僕が働くのはあなたのためだけど、僕らが働くのはあなたのためではない

    [社会起業家]社会起業家シリーズ1 女。京大生の日記。
    私はここ最近社会起業家関連の本、まだまだ少ないけど手当たりしだいに読んでみたのだ。

    そして感じたのが、彼らを、起業とか企業とかビジネスという言葉で表現してしまうことへのとてつもない違和感。

    私は社会企業のことを、、ボランタリー精神、社会変革の精神を有している人々が、目的を達成する近道としてあえて事業を行っている共同体として表現することはできないのか、という着想を得たのだ。



    要約:起業家かっこよくない?

    私たちが社会に貢献しなければならない理由 - 院生兼務取締役の独り言

    これからの能力のある学生は、「社会のために働くんだ!」という熱い思いを自発的に持って行動するべきです。

    社会に貢献することは当然の前提として、いかに効率的に社会に貢献するのか。これがこれからの課題となるでしょう。


    要約:俺弁護士目指してるけど、人のために働ける人ってよくない?

    僕は同世代としてこの二人が大好きだ。だからこそ考えたことがある。アントレプレナーシップを教える側として言及しておきたいことがあったので書いておく。 続きを読む

    社会的価値観に違和感を感じたメモ

    裏付けも何もないというか調べてないのだけれど、お金の流れと思想を考えるとやはり腑に落ちないなにかがある。たとえば以下

    ・核家族…拡大家族の方が分担などいろんな作業効率はいいのだけれど、核家族化して世帯数を増やした方が家や家具が売れる。

    ・保険…災害が起きたら怖いと煽ると保険が売れる。でも保険屋がもうけてるってことは保険をかける側が損してるってことじゃないだろうか。 続きを読む

    自己チューな人はがんばるとさらに自己チューになっていく

    挑発的なタイトルで申し訳ない。

    人間は自分の発言や理由付けによってそこにある事象を解釈するだけでなく、その発言や理由付けにより自分の人格や性格まで決定してしまう。

    「思ったから発言するのではなく、発言してからそう思う」ようになるのである。だとしたら言ったもんがち、かと言うとそうでもない。

    そんな話を以前から考えていた。 続きを読む

    日本発のミニブログと主張するlipple

    学生によるSNSサイトだったlippleがリニューアル。今なら無料登録ができるようだ。

    前までは偏差値が上位のいわゆるエリート大学の学生ばかりが集う就職応援型のSNSサイトだった。バイトの斡旋や提携会社の割引クーポンサービスなどもあった。LIPPLE主催のパーティ等も行っていたようだ。

    二年前だったかに、ちょっとした縁で登録してみたものの、私の通っていた地方の大学などは選択肢として登録されてすらいなかった。

    なんにせよ、学生ベンチャーにはがんばってほしい。

    技術がルールを作るのに人は技術を軽視している

    後輩と議論になったのだが、技術から法律は作られるものだ。

    車という技術から道路交通法が整備されたし、職業の技術として教育技術や医療技術をあげれば、医師免許や教員免許もある程度技術的ノウハウが体系化され蓄積されてきたからこそできたもの。今話題の著作権法や知財法だってコピー技術・制作(製作)技術の進化の結果だし、水道法、通信法もそうだろう。逆に技術がないからという理由で未成年禁止法なんてのもある。

    "技術"のありようが法律のベースになっている。ぱっと考えれば分かることだが、これに対して僕らはどれくらいの自覚があるだろうか。

    例えば学校カリキュラム政策では科学や数学に力を入れるばかり、分析ばかりで肝心の技術に対する教育はほとんどなされていない。豊かな人間形成を謳っているがその実は真逆な事をやっている。

    結果分析ばかりに主眼をおいた教育がなされた親世代たちは、「創り出す」とか「試行錯誤」とか「成長」とか「教育」といった他への働きかけの意識が薄れ、そこにあるものを分析しては「当たり外れ」や「善悪」で判断するようになったのではないか。

    もちろんこれは一部の人のみにあてはまる考え方なのだけど、例えば学校と親のつきあい方が変わったという話を書籍でも現場の一部の先生方からもよく聞く。

    現代の親たちの一部は、そこにあるもの(例えば教師)が自分の基準より不足していたとき、変えようとか育てよう、成長させようは思わない。取り替えてという「消費」感覚なのだという。

    大量消費時代といわれるように、作るより買う方がコストも手間もかからずいいモノが手に入る。生産という概念もどこまで理解しているか分からない。

    「人」「もの」「環境」をつなげ、働きかける「技術」とぴうものをあなたはどれだけ学んだろうか。

    なお、学校の教育で「創る」授業は二つだけ、「美術」と「技術・家庭」であるが、言わずもがなこの二つはないがしろにされている。時間数も予算も。しかし教育の世界では創造活動が人格形成に非常に重要な役割や効果があることは昔からの常識である。

    なぜそれが普及しないか、時間が増えないかと言われると進学や就職のための学力教育へのニーズが大きいためであり、その先に「進学や就職には人格は必要ない」という社会のシステムが潜んでいる。

    となるとこれを改善しない限り、これからも悪法はどんどん出てくるだろうし
    、今は上手くバランス取ってくれる人が沢山いるからいいけど、そのうち僕らは息苦しい社会で生きていく事になる。

    今やるべきは教育の室をあげることではなく教育のシステムのバランスを再調整することなのだけど、そこに焦点を当てているのは現状では一部の教育研究者だけだ。

    確実に言える事は、「技術は社会を変える」。
    その自覚を社会にどのように促すべきか、しばらく考えてみたい。

    善意のインフルエンス

     先の「自分探しが止まらない」を読み終えてまもなく、またmixiで犬の貰い手を探しているという日記が増えた。ペットショップがつぶれて血統書付きの犬の貰い手を探しているというものだ。

    続きを読む

    長いエントリーは一言で言いたいことを言えるようにすればいいと思います。

    すごい長いエントリ
    長文エントリは書く人も超人だが、反論する人も超人だなとよく思う。自分などは長文エントリを読んでいて、途中でいくつか変だと思うポイントがあっても読んでいる間に忘れたりどーでもよくなってしまったりするから。もしかしたら長文エントリの方が反論されにくかったりするのだろうか。


    [後で読む]は読まない。長いエントリーは書くのやめよう。
    自分でブログを書いてると、短くて不安になることがある。他に言いたい事や説明や例えを入れたくなって長いエントリーを書くことが良くあります。

    逆に読む立場で考えてみるとブックマークした[後で読む]やfeedに流れてくる長い文章は、有益そうでも面倒で読んでいない事に気付きました。難しい言葉を使ってると特に。理解するのが面倒になるんだよな。他の人はいつ読んでいるんだろう?

    という事で長い文章を書くのはヤメるよう頑張ります。画像とか多様するなら良いと思います。


    長いエントリでも短いエントリでも結論が明確であるか。それを最初にちゃんと示して言わんとしていることがわかるかどうか。読むかどうかはタイトルと結論次第だと思います。起承転結の物語口調で語ると、読んで反応するか読まないか、二極化しやすいですね。 続きを読む

    アルファスター○○と皮肉スター

    はてなスターをもっと使おう!
    でも、これだけは確実に言えることがあります。私ははてなのサービスの中で、はてなスターが一番おもしろいサービスだと思っていることです。だって、うれしいじゃないですか。星をもらうと、メールが届くんですよ。


    はてなスター流星群
    Web拍手もそうですが、はてなスターの良いところは「いいな!」と思ったポジティブな感想を気軽に伝えられるところ。ただスターを付けるだけでもいいし、「これは!」と思った部分があれば、そこを選択した状態でスターを付けることで引用付きのスターをつけることができます。(引用は200文字まで)



    と言うわけでスターを普及させるためにもアルファブロガーアルファクリッパーアルファブックマーカーのようにアルファスター○○を考えたい。

    アルファスター
    ・アルファブロガー

    ・アルファクリッパー

    というのがドメスティックな言葉としてあるが、はてなスターにもそういった飛び出た存在っていうのは定義できるのだろうか。

    続きを読む

    マクドナルドVSアップル

    なんてこと無い、思いつきでGOOGLEで「マック」で検索しただけなんですけどね

    結果は以下 続きを読む
    livedoor プロフィール
    タグクラウド
    QRコード
    QRコード
    • ライブドアブログ