書評

ビジネスに正解はある-書評-成功の五角形で勝利をつかめ

ビジネスは数国理社英 - 書評 - 成功の五角形で勝利をつかめ!
早い話、本書は「汗をかかずにトップを奪え!」の続編なのだが、私にとっては面白さではこちらの方が上だった。


と言うわけで昨晩東京駅で早速購入、読了。

あいかわらず筆者の視点と痛快な表現とが面白いのが特徴だが、内容と言えば16歳の教科書を社会人用に著者の言葉で高い完成度でアレンジしただけという印象ではあった。

ビジネスに、いや多くの視点や考え方として必要な要素が非常に濃厚に詰まった一冊。

だが足りない。
続きを読む

隣で見ていてわかること‐書評-人に好かれる笑いの技術-

萩本欽一(以下欣ちゃん)、小堺一機、関根勉、SMAP、そして欽ちゃんファミリー。

人をバカにしたり傷つければ一部の視聴者に対して一時的な笑いは取れるが、広く長く笑いを取ることは難しくなる。

人をバカにせず傷つけず笑いを取り続けることは平凡な努力出てきるわけではないが、難しくもない。

ポジティブであり続けることだ。


続きを読む

学びの原点を見つける-書評-斎藤孝の学び力

丁寧にロジカルに"学ぶ"とは何かを説いた本。

ロジカル過ぎてわかりやすいのはいいが、データなどはほとんど示されていないため、そういうのが好きな人には物足りないかも。

筆者から読み取れる主張は「"学び"万能説」である。

自分も物足りなかったので復習もかねて要約と自分の意見を書き出してみたい。

続きを読む

大局的な見方が問題解決の鍵-書評-あなたにも解ける東大数学

「バカ親、バカ教師にもほどがある」と一緒に買ったのだが、
予想外に面白かった。

東大問題をわかりやすくして悦に入るだけの本かと思いきや、立派な教育本である。

「できる」かはわからないが少なくとも私のような閃かない者でも「わかる」事ができた。


続きを読む

ただの哲学で終わらせない-書評-<実践>自分の小さな「箱」から脱出する方法-

 この箱の哲学は自分の人生にめちゃくちゃ影響を与えたため
今現在僕は箱の外で人を見ることができている。
前作二冊は若いうちに是非読んでおきたいものであった。

 本作は箱シリーズ最新作というよりまとめ本。
本書は所々に自分の箱入りチェックがついて非常にお買い得!

続きを読む

奇跡を信じる人が増えるとものが売れる-書評-信じぬ者は救われる-

二週間以上前に読んだ本であるが、印象はタイトルのとおり。

むしろ考えるべきは行き過ぎた科学は一般の人を幸せにしないのである

内容そのものは非常に興味あるもので、ただ帯に短したすきに長し、これ一冊丸々ハードカバーの本にしちゃうべきだったのかなという部分はある。

続きを読む

大事なのは信頼をつくること-書評-バカ親、バカ教師にもほどがある

「教育者」の仮面を被ったバカは即刻退職すべき

論考の出来ない人間は、少なくとも担任になるべきではない。現前の問題に対し適切な解決能力を示すことの出来る優秀な人間こそが教育者となるべきであって、「あー就職できなかった!!もういいや、がっこーの先生になろお」とか、そういうアレな気持ちから成るべき職業ではない。

もっとも、学校教育に関しては、何が学校の責務で何が家庭の責務なのか分かっていないと、何でもかんでも学校任せにするバカ親が出てくるので、それがまた難しいのだけれど。
確かにやられた仕打ちはひどいかもしれない。それでも攻め方を間違える事は避けたい。実は主張しているようなフィルタリングはあまり意味がなくて、教育を語るとき、このような憤りによるすれ違いこそが悲劇の元だということを知らねばならない。

そこで紹介したいのがこの一冊。

東京の駅で買った一冊。地元の駅でも売っているのを確認したが、手軽に買える本の割に素晴らしい出来映えであった。

本質を突いている、抽象的な話から具体例まで押さえている上、さらに多くの人に分かる言葉で書かれている秀逸な本。
続きを読む

メタ科学-書評-仮説力

99.9%は仮説が怪著であったためか本書は正直ちょっとがっくり来た。
続きを読む

自己啓発は一種のドラッグだ-書評-自分探しが止まらない

またまた後輩の書架から拝借。ここに来て僕の自分探しの旅はやっと一周した。

とりあえず記事を書くに当たってここの言及記事を全部読んだ。GOOGLE検索での数ページやトラバも一通り目を通した。途中IEが悲鳴を上げ画面が壊れた。こちらには夢をかなえるゾウの話も出ている。資料をまとめて本をまとめると言う作業はこれの何倍もつらいのだなと考えると泣けてきた。本書を読むより時間がかかったんじゃなかろうか。著者に大きな拍手。「自分探しが止まらない」さがしが止まらないが一息つきたい。
続きを読む

自分が成功するたった一つの方法-書評-夢をかなえるゾウ

後輩の書架から拝借。300P今日にも及ぶ超大作。いい意味で、象マジウザイ(笑)

イメージとしては声はキムキムにーやんの関西弁をしゃべる象。>2ab3c3b5.png





それにしてもこの象、嘘つきである。

タイトルについては一番最後に言及する。





続きを読む
プロフィール

showgotch

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ