最近読んだ

ぱらぱら漫画サイト

ぱらぱら漫画を作れるサイトを発見しました!
flipbook.in
de12630b.png


関連:h:keyword:ハイクでセリフ

[最近読んだ]文句の対象が間違ってるんじゃないの?と思う事がよくある

新年もマシンガン その1:「嫌なら見るな」を撲滅したい

自分がやられて嫌な事は人にするな、というだけ。

■[インターネット][ルール][コミュニケーション]「嫌なら見るな」の本当の意味

論点ずらすけどさ、問題の原点としては、文句言う対象が違うんだよ。
「文句を言う」、言い換えると「意見する」というのは積み重ねる事が前提だよね。

好き嫌いの議論を積み重ねても、執着心にしかならない。論者同士、お互いの自己満足か不満だけで終わり、誰も得しない。

積み重ねるべきは、例えば表現技術だとか、
意見をぶつけて妥協点を取る場合だとか、
記事や本をよりよくする事が前提だったりとか、
あくまでBLOGや本の先にはこれを書いた人がいるとか、
世の中意外とこれを知らない(わかってない?)人が多すぎる。

世界的にキー・コンピテンシーとして子ども達に身につけさせようぜと議論が起きてるくらいだから間違いない。


結論から言うと高めあわなければ交流する意味はない


例えば、いくら感動する話を体験したり作ったりしても、技術がなければ伝わらない、十分に伝えられないですよね。だからまず技術的な部分を積み重ねるべき。そういう部分に対してのみ文句を言うべき。

違和感→指摘→改善案→改善

と、PDCAサイクルのCの一つにしてしまう事がコンテンツメーカーには必要だし。

褒めてばかりの読書感想サイトと、健気な美少女作家のこと
また、視点を変えることで、つまらない作品でも面白く読めることがある。代表的なものとしては「テニプリはギャグとして見れば面白い」というやつ。気に入らない作品から気に入らないところを切り捨てていった結果、本来の作品からは掛け離れた、というかまったく別の作品として受容するようになる。読者としてはそれでいいと思う。


って視点もある。

意見をかわすより「ありがとう」って言えばいいと思うよ。

って視点もある。

あ、無責任に情報を曲解して、人にネガティブな影響を与える本には突っ込みや注釈を入れる必要があるよね「この本読んでない人、読んでも良いけど結構痛い、読むと茨の道だよ」的な。元々の議論はラノベとかアニメ作品が対象だからそこら辺は論外かな?

でもまぁ、表現の自由がある以上、どれを意識してやるかは自由だ。ネットで書き込みする人は自己責任論くらいみんな前提として書いてるだろうし。

あと一つ言っておきたいのが、ヒドゥンメッセージ。言葉の裏って奴。

「嫌なら見るな」という意見一つとっても、そのヒドゥンメッセージは「同意・共感してくれるなら見ろ」ではない、「見て、同意・共感してくれたら嬉しいな」なのだ。

「神様を信じる」のヒドゥンメッセージは、「神様の存在を信じる」ではない、「神様が仰ったと言われる言葉たち(の存在)を信じる」なのだ。

「生きるのがつらいから死のう」のヒドゥンメッセージは「自分が不甲斐ないから死にたい」ではない、「より良い環境や状況で生きられるのであれば生きたい」なのだ。

そこら辺空気よりもヒドゥンメッセージ嫁、と言いたい。

[最近読んだ]落書きサイト

落書きサイトを発見☆

短冊
http://www.tanzaku.org/


ポッキーボード

gooリサーチ結果 (No.167)
「子どもの携帯電話利用」に関する調査結果


■[ふしぎ社会]グッドウィルとか、派遣会社は滅べばいい

→これはひどい
派遣の会社って需要と供給を結ぶことと事務と広告以外にすることあるの??

[最近読んだ]ニッペンの美子ちゃんが五代目になっていた件について

日ペンの美子ちゃんア・ラ・カ・ル・ト

→まだいたんだ、懐かしい・・・

ジャムステック・キッズ

→マスコットがデベソのフリーザ・・・

PASMOのロボット

→こんなのいたんだ・・・





話は飛びますが今amazonでipod touch10%OFFらしいんだけどそれでも4万5000円とかすんだねー。。。そろそろ欲しいと思ってたのに。



P.S.
誰か、2chの管理人のひろゆき氏が結婚したとか言う噂の真相知ってたら教えてください


タグ:

[最近読んだ]あなたたちの好きな道徳ってなに?

視点・論点 「クリスマスに見る家族の変容」


1999年の調査ではサンタからプレゼントを受け取った中高生は2.6%と、ほとんど居なかったのですが、5年後の2004年には47.8%と、約5割まで急増していたのです。

「子供のため」と言いながら、親の「私中心」の心が見え隠れするようです。

意地悪な言い方だなぁ。

これはこれで悪くないし昔から母親ってそういうものだったんじゃないだろうか。

むしろ社会が裕福になって、ものを与えない理由がなくなったから、ものを与える事が普通になったからっていう理由の方がしっくり来るのだけれど。。。
続きを読む

[最近読んだ]お前は意味だけで生きてんのか。

高橋書店

魂に残る言霊

惰翻 - あなたを奮い立たせる100の名台詞

あなたを奮い立たせる100の名台詞 VS 中谷彰宏名言集

→名言は面白い。その人の人生と哲学を物語る。

子どもの頃から多くの名言をめにしてきた。

一貫性はないし、矛盾するものも多々あるから、実行するには取捨選択しなきゃいけないしバイアスはかかるんだけど、心の倉庫にはストックしてある。そんな感じ。

ただ基本的に名前まで覚えないんだよね。名前がついてこないといくら真理であろうと信頼性はないかもしれない。誰が言ったか分からないからそれを受け売りした人の信頼性のみで語ることになる。それはそれでいいかなぁ。

今日も元気づけられました、紹介してくれた方々、ありがとう。

[最近読んだ]酷評は名誉毀損

ブログの辛口評価は事実でも名誉毀損

→昔名誉毀損侮辱罪の違いの話を見たことがある。
人前で事実を言って社会的評価を下げた場合が名誉毀損。
人前で適当に言って社会的評価を下げた場合が侮辱罪。

足が短くて仕事の成績が悪い人に対して公の場で
「お前は足が短いし、仕事の成績も悪い!!」
といわれると大方事実なので名誉毀損。

「お前はアホでまぬけでぶさいく」
と、抽象的な(客観性のない??)表現を用いると侮辱罪のようだ。

最近読んだ本が微妙すぎて自分では辛口に書評しちゃったからなぁ。
本BLOGは事実無根ですとでも書いておくべきなんだろうか…
読者数も少なくまったく影響力がないので安心はしているのだけれど。。。

続きを読む

[最近読んだ] 援助と教育と

月刊『マガジン・アルク』 連載コラム『山形浩生の:世界を見るレッスン』 (2006-)
http://cruel.org/alc/


すごいわ。

朝っぱらから久々に山形氏の記事を読んでみたが、いろんな物事に対して本当に分かりやすい書き方がしてある。

もちろん事はそんなに単純じゃないんだろうけど、本当に単純明快に分解して説明してくれる。

特に技術移転と「フランス人の箱」 のエントリーは秀逸だった。

技術を中心とする教育は、師を超えてなんぼだ。

この感覚は師を敬うという感覚としばし矛盾を起こすが、

その本質として人として尊敬することと、自分が成長すること、何も矛盾しない。

世界が複雑になればなるほど、教育もそういう姿勢を持たなければならない。

出る杭は打たない、モラルばかりを求めるのではない、新しいモラルを作る寛大な教育が求められる。

[最近読んだ]大人と子どもしかいないの?

面白い記事を読んだ

暴論:「大人」は免許制にしたらどうかより
大人として扱うかどうかを年齢だけで決めるのはどうも具合が悪くないか?いっそ免許制にでもしてしまったらどうだろうか、と。

年齢でってことは、大人の対岸にいるのは子どもである。
たぶん、そんなのはエリート主義だとか、憲法違反だとか、政府の責任を逃れさせようとしてるとか、いろいろな意見があると思う。コストはどうするんだとか、それ自体過剰な規制だとか、中途半端なお墨付きはかえって危険だとかいう懸念もあるだろう。


そんな反論はまったく考えないが、この提言には全面的に同意しかねる。
その根拠は、”いつから大人はそんなに偉くなったのか。”である。自分を大人と思っている人たちはいつから自分が大人であると感じ、子どもを見下げるようになったのか覚えているだろうか。子どもの頃、先輩や大人に対して「自分より先に生まれただけのくせに」と感じていなかっただろうか。

これはつまり、大人か子どもかの二元論じゃなくて、領域の問題であると認識することから始まる。
この間高校の先生に、「高校生は大人か」という議題に対し意見を求められた。私は大人であると応えた。中学校を卒業した段階で普通教育、すなわち皆に必要な教育は終わっているはずである。それからは社会の流れとはいえ、自分の責任で人生の進路を選択する。ほとんどの子どもが進学を希望する。
つまり、山口氏の言う少なからず自分の能力と責任を考えた上で自由に選択した"大人"なのだ。

だがこれには補足が必要で、彼らは"子どもよりの大人"である。領域の問題といったとおり、子どもと大人は地続きで、彼らは子どもに近い大人という立ち位置である。
もっと言うと完全な大人な大人なんていないんじゃないか。
私も成人式は結構前に迎えたが、いまだに自分を子どもよりの大人だと思っている。大人になっても成長することを忘れてはいけない。

そして誰を持って完全な大人(つまり最終的なゴール)だと言い切るのかをまず問いたい。

理想の大人像とは、菩薩か、釈迦か、ブッダか、ゼウスか、マリアか、キリストか。まずそれを社会全体として示すべきだろう。が、今の日本では候補が上がったとしても、その統一はほぼ不可能ではないだろうか。マスコミや教育界では現状の問題に対処する教育が主流になり、例えばタバコや飲酒、薬物など、「しないこと」ばかりが大人の道徳・モラル力として取りざたされている。

しかし考えてほしい、本当の道徳力ってなんだろう?大人になるって何をすることだろう。

答えは単純で、悪いことをしないことではなくて、いい事をすることではないかと私は思う。

免許制は悪いことをしないよう禁止する行為でしかない。
しかし国民が求める大人は、"人のためになることをする人"であることではないだろうか。

むしろ免許ではなく勲章が必要なのだ。それも名誉だけでなくメリットつきの。あなたはいい事をしました、だから優遇しますよ、と。

例えば電車の中でよく席を譲ってくれる人は、電車賃を少し割引します。とか、その程度の話を想定している。

もちろんその勲章の判断基準も難しいが、少なくとも大人免許よりは複雑なものにはならないはずだ。

もう一つ、最近あった事例を話しておこう。

電車に乗って津に帰っているときのことだったのだが、おばあさんが駅を降りるとき、上のあみ棚から荷物を取ろうとしていた。
しかし、イスの上に乗っても身長が足りずがんばっていると、向かいに座っていた青年が荷物を取ってあげたのだ。

言い訳がましいが僕は寝起きで状況を把握できず動けなかった。そしてその青年はいい事をしたなぁと優しい気持ちになっていたら、変なおじさんが、酔っ払ったかおをして、あろうことかその青年の隣の男性に「あんたなぁ、だまっとってもあかんねん、手伝どうたらな!」と一言説教してその車両を後にしていった。

その時点で、あなたは隣の男性を叱るのでなく青年を褒めるべきだと後味悪く思っていた。だが、叱られた男性は別の駅で電車を降りるとき、足を引きずっていたのだ。彼が本当に足を汚していたのだとしたら、あの状況で、動きたくても動けなかっただろうに。もどかしい上にさらに親切にしろと言われる始末。

このことから親切の押し売りもNGだと主張したい。
本当に純粋に善意からの自発的な行動を評価することが望ましい。

戦後からモラル低下が叫ばれて久しいが、その対処として日本には褒めて伸ばすと言う教育が浸透していない印象があった。もちろん僕の記憶からの話なので、この十数年でおそらくそれらは改善されているだろうと思いたい。むしろこの寛容で褒める態度こそ、教育者だけでなく大人がみな持つべき態度であると私は考える。 続きを読む

[最近読んだ] 携帯小説

ここしばらく読みためておいたものをとりあえず書いておく。

ケータイ小説を理解できない人間は既に老害化しているという衝撃の事実

life is beautifulの中の人がファーストフード化するコンテンツといっていたが、まったくその通りだと思ってしまった。
試しに恋空-wikipedia-を読んでみたが展開が唐突過ぎる。
別にこの文化を否定するつもりも排他するつもりもないが、
ファーストフードのような文章ばかりを食べていても体(心)に良くない。
しかし悲観すべき事ばかりではない。
この文章で感動できる人たちが多いということは、
日本はまだまだ情操教育が十分機能していると言うことだし。


参考:恋空をつっこむサイト
   「恋空」があまりにも酷い件について
   【縦読みたくさん】amazonの「恋空」のレビューがひどい件
    続きを読む
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ